最重要なのは第一印象だ

ラテアート初対面で最悪の出会い方をした場合には、あとあとどれだけ頑張っても恋愛対象にはなりにくいだろう。
第一印象に失敗した場合は、恋人関係に至ることはないと判断するべきだ。
なにが起こるかわからないのが、恋愛だとは思うがテレビドラマや映画のような劇的なシーンはまずは期待できない。
ドラマなど制作物で良くあるパターンが、嫌いだといいながらくり返し会っていると親しくなる展開はある。
けれども現実は第一印象が悪い人と何度会っても、積極的に会話を交わすことはしないはずだ。
もしも相手が自分に好意があってアプローチしても、第一印象で不合格を出しているのだから、その後はできるだけ相手との出会いを回避するようにするはずだ。
こんな風な法則があるわけだから、第一印象で失敗した人たちが交際をする可能性はまず考えられない。
だから、どういったときの出会いに関しても第一印象は特に大切にしなければならない。
特に男女の出会いはどこに転がっているかわからないからだ。
もしも第一印象が良くなくても交際できるチャンスがあるとするならば、その時の印象が極端に薄い場合だろう。
ファーストインプレッションがなくても、その後の交流のなかでその人物の良いところは理解をしていくことはあるからだ。
第一印象が悪くはなかったから拒否されなかっただけの話だ。

コメントは停止中です。